半田商工会議所 THE HANDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

新着情報

半田商工会議所 THE HANDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

新着情報

事業再構築補助金

2021年4月2日(金)

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売り上げの回復が期待しづらい中、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するために中小企業等の事業再構築を支援することで、日本経済の構造転換を促すことが重要です。そのため、新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援します。

当所バナーを開設しましたのでご活用ください。

詳細はこちらから
https://jigyou-saikouchiku.jp/




国民健康保険および後期高齢者医療制度の傷病手当金支給に係る適用期間延長のご案内

2021年3月31日(水)

半田市国民健康保険または愛知県後期高齢者医療制度に加入していて、新型コロナウイルスに感染または感染の疑いにより仕事に行けなかった方(会社等に雇われていて、給与の支払いを受けている方に限る)へ支給する傷病手当金の適用期間を令和3年6月30日まで延長します。
なお、支給対象者、支給額等、その他の事項については変更ありません。

■対象者 
半田市国民健康保険または愛知県後期高齢者医療制度の加入者で新型コロナウイルス感染症に感染した場合または発熱などの症状があり感染が疑われた場合に、療養のため仕事ができない方(給与の支払いを受けている方に限る)
■支給額 
(直近の継続した3か月間の給与収入の合計額÷就労日数)×2/3×対象日数(※)
※仕事ができなくなった日から3日を経過した日以降で、仕事に就くことを予定していた日数
 (ただし、給与収入の全部または一部を受けることができる方に対しては、これを受けることができる期間は、傷病手当金を支給しません。また、その給与収入が、傷病手当金より少ないときは、差額を支給します。)
■適用期間 
令和2年1月1日から令和3年6月30日の間
(ただし、入院が継続する場合などは、支給を始めた日から最長1年6か月まで)
■申請方法 
まずは電話で国保年金課へ相談していただき、その後、申請書を提出していただきます。
申請には、医師の証明書(医療機関を受診した場合のみ)及び事業主の証明書の添付が必要です。
詳しくは、半田市のホームページをご覧ください。
https://www.city.handa.lg.jp/hoken-c/kenko/kenko/kehatsu/kenko/koronajoho.html
【問合せ先】
半田市役所国保年金課
0569-84-0661(国民健康保険)
0569-84-0652(後期高齢者医療制度)



あおぞら共済春の加入促進キャンペーン実施中

2021年3月23日(火)

当所は、会員事業所の福利厚生制度の更なる充実を図るため、春の加入促進キャンペーンを実施中です。既にご加入いただいている方、まだ、ご加入いただいていない方もメリットいっぱいの商工会議所の共済制度を是非ご検討ください。

【キャンペーン期間】3月22日(土)~5月20日(木)

<特典1>
期間中に、新規契約事業所並びに5口以上追加・増口の事業所の皆様へ
手延ひやむぎ&そうめんセットをプレゼント
<特典2>
新規契約事業所の皆様へ
スタンプ台1個をプレゼント

あおぞら共済について詳しくは
https://www.handa-cci.or.jp/kyousai/aozora.html



オンラインツール解説セミナーを開催

2021年3月23日(火)

当所中小企業相談所は3月22日、オンラインツール解説セミナー
「コロナ禍で活用したい非接触型のコミュニケーションツールを知ろう!!」を開催しました。
講師に、リコージャパン㈱の成田洋一氏を招き、多種多様なオンライン会議ツールの特性や、一長一短あるツールを細やかに説明し、実際に行われている在宅勤務時の朝礼方法などの実例・活用方法に、受講者はメモを取りつつ、熱心に耳を傾けました。
受講者からは、概ね満足をいただいており、今回学んだことを会社で実践していきたいなどの声が聞けました。



「子ども食堂」ってどんなところ?講演会を開催しました

2021年3月22日(月)

3/21(日)当所にて女性会主催の講演会「子ども食堂」ってどんなところ?を開催しました。

講師に日本福祉大学教授・野尻紀恵氏をお迎えし、第1部では「子どもたちを取り巻く現状と子ども食堂の実際について」の基調講演、第2部では市内で子ども食堂に取り組む活動の発表を聞くことができました。

地域の子どもたちが抱える問題について理解を深め、それぞれができる支援について考える2時間となりました。