半田商工会議所 THE HANDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

会員トピックス
はんだの元気印企業

半田商工会議所 THE HANDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

会員トピックス
はんだの元気印企業

特装最前線

2024年1月30日(火)

㈲江川工業所

タイトルをよく見てください。昔放送されていたドラマのタイトルではありません。皆さんは、町中で活躍している消防車や、救急車のような特別装備の車、略して特装車と言われる車両が、どのように作られているかご存知ですか。これらの車は、そもそも最初からメーカーが生産・発売している車両ではありません。
今回は、ニッチな産業で社会を支える事業所に迫ります。半田市内で特装車製造を手掛ける、㈲江川工業所です。同社では、主に消防団が利用する消防車の製造を手掛けています。ベースとなる車両は、もちろん大手自動車メーカーが生産しているものですが、特装車として活躍するには、メーカーではなく専門業者である同社の技術が不可欠なのです。では、どのようにして消防車は、製造されるのでしょうか。
同社は、半世紀を超える歴史を持ち、消防団の変化に合わせた消防車の製造を行ってきました。近年では消防団員の減少や、運転免許制度の改正に伴い、消防車もトラックタイプからAT車の軽バンタイプに主流が変化しています。しかし、軽バンタイプが主流になったことで、かつては積載可能だったポンプがはみ出てしまう事象も発生しています。しかし、同社ではそのような課題に対しても、オリジナルレールを製造・設置することで解決しました。
しかし、製造する前段階においても難関が立ちはだかります。消防団の消防車を製造するためには、各地行政の入札制度で権利を落札することからスタートします。権利を落札できなかった場合、そもそも論として、特装車製造という業務自体が無くなってしまいます。今回、見事落札をし、複数台の消防車製造に取り掛かっています。
製造の流れとしては、まずベースとなる車両が選択されるわけですが、基本的に最初から赤い車両ではありません。稀に、赤いベース車両があるかもしれませんが、基本的には、白いボディの状態から製造に取り掛かります。そこへ、消火に必要な水を送るべくポンプや配管類の他、前述したレール等が繋がれます。すると、外見上は、我々が町中でよく見かける消防団の車両に形が近づきます。
ただし、これだけではありません。完成型の用途に応じた分解作業、電装部品の配線設置作業、回転灯などの取付作業が発生します。取付・加工作業に関しては、同社が得意とする溶接技術も欠かせません。培った技術力を活かし、職人による手作業で仕上げていきます。全工程終了後、最終的に塗装ブースにて、赤色の塗装を施すことで、消防車は完成します。
組立作業完了後は、納品先でチェックも行われます。放水・耐圧などに関して、厳しいジャッジが行われますが、災害時に活躍する車両であるためには、厳しいくらいで当たり前かもしれません。厳しい入札を乗り越え、高い技術力による手作業で製造され、更にそこから厳しいジャッジを乗り越えた上で、町中で活躍する消防車が出来上がるわけです。非常に手間のかかる作業で、一台一台が出来上がるようです。
今後、同社で製造される消防車には、知多半島初となる最新型ポンプの積載準備もされていました。こちらは消火のみならず、水害時の排水にも対応できます。あまり活躍する場の無いことを祈りますが、今後も同社の技術が各地で活かされることで、町の安全が守られていくのです。同社は消防団の活動を全力で支援すると共に、今後も時流に合わせた特装車を製造します。(筆者:榊原鉄平)

所在地/半田市亀崎町10-15
代表者/芳賀 淳
TEL/0569-28-0137
定休日/日曜・祝日



お手頃価格で、地域に花を

2023年12月27日(水)

長文種苗店

 日本の都道府県で、花栽培が一番盛んなのはどこか、ご存知でしょうか?そうです。「愛知県」です。愛知県は、昭和37年から花の産出額が日本一であり、品目別でも、菊、洋らん、バラ、観葉植物は日本一の産出額を誇る「花の王国」です。県東部の豊川流域および渥美半島で盛んに切り花栽培が行われ、大規模な温室栽培のビニールハウスが各所でみられます。

 さて、知多半田駅前には、昔から「長文種苗店」という花屋があります。花の取り扱いを主としていますが、種苗店という名前の由来は、先代が七味唐辛子や苗を主として販売していた名残である。
代表の野々村氏は、岐阜にて5人兄弟の四男として育ち、学卒後、名古屋園芸に12年勤めた。幼い頃から花に興味があり、天職についた代表は、その際に知り合った奥様と結婚し、奥様の実家である「長文種苗店」の跡取りとして半田の地にて居住を始めた。
 花の仕入れは、豊明の花き地方卸売市場から行い、常に新鮮な花を提供して43年。ベテランの域に達した代表でも、「生産者によって鉢花や苗の水のやり方には気を遣う。花1つ1つの性質は全然違う」と、日ごろの管理には注意している。

代表には、花屋の顔の他に商店街の顔も存在してい
る。長年商店街活動に携わり、半田ランブリングタウン協同組合の初代理事長、そして現在は半田市商店街連合会の会長を務め、地元の方からは「長文さん」という愛称で慕われている。
 そんな長文さんの現在の日課は「夜の散歩」。健康促進のために、商店街の仲間と実施し、「最近は足が少し痛む時がある」と語るが、足の痛み以外は、とても元気な74歳である。また、屋上で菜園を作り、ブロッコリーやピーマン、夏にはナスやキュウリ、トマトなどの栽培を楽しんでいる。

 「開店祝いや退職祝いなど、シーン別や予算別、花のスタイル別に花ギフトを提供しています」と話し、「例えば、開店祝い・開業祝いに花を選ぶ際のポイントは、香りが少ないこと(香りが強い花は、近隣やお店の迷惑になることも。特に飲食店の場合は避けた方が良い)、花粉が出ないこと(花粉症や花粉が周りを汚してしまうこともある)、赤色ではないこと(コーポレートカラーを除き、火を連想させる)」などの、豆知識をご教授いただいた。その時の、満面の笑みからは優しさが滲み出ていた。
ぜひ一度お店に立ち寄り、「長文さん」と声をかけてみてほしい。きっと人柄の良さが伝わるはず。 (取材:中満信宏) 
                
【住所】半田市南末広町122-2 
【代表】野々村照義
【営業時間】9:00~19:00
【TEL】21-1520 
【定休日】不定休



酒屋とソース作りでバランスよく

2023年11月29日(水)

豊田屋酒店

今回、昔ながらの町の酒屋、昭和2年創業の豊田屋酒店に伺った。人との関わりをご縁に商いを続けまもなく100周年を迎えようとしている。
 野間にある酒屋の三男坊の清吉氏が人の往来が多い半田でお店を構えたのが始まりである。当時、当店は病院に行く人や小僧さんの立ち寄り場として人の出入りがよくあり賑わっていたそうである。戦後の混乱期、酒屋として続けられなくなるかもと思い酒の代わりになるものをと考えたのがソース作りであった。当時、調味料不足であったのだが、近所で取れる野菜や美浜の塩等が調達できたことから知人に教えてもらいながらソース作りを始めた。それ以来、酒屋とソース作りの豊田屋食品製造所の二本柱として生業をしている。
 2代目の克己氏が更に美味しさを追求し試行錯誤を続けたことで塩辛さ、酸っぱさ、香りと申し分ないソースを作り上げた。そのソースは、初代の名を使って「清吉つぁんの手造りソース」として売り出された。特に焼きそばに合うと言う。タマネギやトマトなどの野菜を煮て、塩や砂糖などを加えてアクを丁寧に取り除く。カラメルで色を付け、酢と香辛料を入れて後は味が落ち着くまで寝かせる。2 年前から長男の誠氏も加わり家族3人でソースの仕込みをしている。大きな釜を前に蒸気がモクモク。匂いも漂いまさに手作りである。ソースの基本はそのままに、商品ラインアップを広げている。ソース作りを継承したいと勤めをやめ婿入りした3代目の芳彦氏や長男の誠氏と代々、味を守り続けている。お客様へ丹精込めて作ることをモットーにしている。
 その味を味わった人も多いはずである。学校給食にもソースを卸しているので馴染みのある味である。そんな味を懐かしんで店頭で買い求めるお客様もみえる。また、同業の酒屋仲間での販売ルートや観光施設等にも置く他、ネット通販で購入も可能。「ラベル」もオリジナルなものへ変更できるため、贈答品としても使用できる。
 昭和49年に中町から現在地に移って半世紀が経とうとしている。表通りから1本中に入った通りに店舗とソース工場がある。長年、地域の活動に協力的であり頼りになる存在であった克己氏は民生委員や当所小規模企業振興委員を務め、克己氏の娘であり、芳彦氏の奥様である浩子氏も半田小売酒販組合の理事やガールスカウトではリーダーを務め信頼を得ている。
 今後、今の形を残しつつ何かできるといいねと浩子氏は話す。修業中の誠氏も仕入れ先等に同行しながら関係性を築き始めている。酒屋とソース作りがバランスよく合わさり、今後の展開が楽しみである。(取材:中村真由美)


【住所】半田市港本町3-111  【代表】榊原芳彦 
【創業】昭和2年  【営業時間】8:00~20:00
【TEL】21-0423  【定休日】日曜日



仕事もプライベートも楽しく

2023年10月31日(火)

オートボティ元気

今回訪問した会員事業所は、半田中央インター近くの長閑な場所で自動車鈑金・塗装業を営んでいる「オートボディ元気(ゲンキ)」。駐車場には修理を待つ車が並び、奥には塗装ブースを有した鈑金工場がある。事務所を訪問すると奥さんの敦代さんと愛犬のペレ蔵くんが迎えてくれた。敦代さんは事務と洗車が主な役目。裏方の仕事をこなし、ご主人を支えている。
 店名の「オートボディ元気」は、代表の新美元気(モトキ)氏の名前が由来だ。元気氏は学生の頃からのバイク好きが高じて鈑金塗装業界に足を踏み入れた。「その業界に入れば、バイクを自由にカスタマイズできる道具がたくさんあるから」と笑いながら話してくれた。しかし、入社してからはそんな余裕は全く無く、とにかく朝から晩まで作業に追われた。その結果、鈑金・塗装ともに数多くの経験を積むことができた。その後、将来的な独立を考えるようになり、自動車整備工場に身を移した。そこでは、事故車が入庫されてから鈑金・塗装を含む修理完了までの一部始終に携わることができ、ドア部分などのボディやシートなどの内装部品の取り外しや、組み付けなど、独立するために必要な過程を勉強した。また、カーディーラーや損害保険会社の担当者など、対人の場にも同席し、顔と名前を売ると同時に営業の手法や人間関係を築いていった。約12年間、独り立ちに必要な技術と人間関係を深め、平成20年3月、現在地に念願の鈑金工場を立ち上げた。
 「お客様からお預かりした大切な車をいかに綺麗に、いかに車にストレスを与えることなく施工できるかをいつも考えながら作業している」と元気氏。常に業界雑誌で最新の情報を入手したり、部品メーカーの担当者と普段の会話から業界の動向などを聞き取り、今、自分にできることを考え、自身の技術をアップデートしている。一つの例として、5年ほど前から塗料は水性塗料を使用している。知多地
域の多くの同業者は油性塗料を使用しているが、元気氏は環境に優しい水性塗料を使用している。世界的に塗料は油性から水性へ移行しており、時代の流れに応じて水性塗料の使用に踏み切ったのだという。
 独立してから15年が経過した。独立後間もなく前勤務先の社長の口利きで仕事を受けたり、その後も仕事は途切れることなく受注している。これも元気氏の人柄と仕事に対し妥協せず常に新たなことに取り組む姿勢からなのであろう。通常の事故車の修理はもちろん、今では元気氏の高度な技術力を頼りに新車の鈑金・塗装の依頼もある程だ。
 プライベートでは、地域の活動や祭礼にも参加し、趣味のサッカーで平日夜の練習、休日の試合で汗を流し、幅広い年齢層との繋がりを築いている。料理好きで、学生の頃の夢が料理人というほど腕には自信があり、その味は奥さんからも太鼓判を押されている。「仕事もプライベートも楽しく」をモットーに日々を送る元気氏をこれからも応援していきたい。(取材:竹内圭志)               
                
【住所】半田市平井町4-12 
【代表】新美元気
【創業】平成20年3月
【営業時間】 9:00~18:00 
【TEL】 27-8281
【定休日】日曜日



GX-PLANT事業で、廃プラ等をカーボンニュートラル燃料に!!

2023年9月29日(金)

株式会社ナカノ工業

株)ナカノ工業は、創業50年を迎え、次代に向けて新社屋と新工場(第4工場)が完成し、新たな事業に取り組みはじめている。
 
 同社は、昭和48年半田市泉町にて中野工業所として、現代表である中墅節藏氏が開業。昭和63年に半田市乙川末広町に工場移転。平成4年9月に事務所を完成し、平成6年11月に(有)ナカノ工業と社名変更、法人化し、その後、業務拡大により第2・3工場を完成。平成18年5月(株)ナカノ工業に移行。今年7月には創業50年に合わせて新社屋と、新規事業を展開する第4工場が完成した。尚、同社は半田商工会議所創立130 周年記念事業表彰にて、創業50年事業所顕彰を受賞。
 同社はレーザー加工機を2台保有してステンレスをはじめとする産業設備機器などを製作している。精密板金・製缶を中心に金属加工において豊富な実績を持ち、顧客の多様化・複雑化するニーズに迅速に対応できる環境を整えている。受注した商品は、依頼図面より展開図を作成、レーザー加工された部材などを曲げ加工・各種溶接等を行い、様々な要望に応じ製作。単品~複数ロット、小型~大型(単体5~10t・大型トレーラー積載可)まで幅広いニーズに対応。また、設備・技術者ともに充実
しており、短納期での製作・現場据付等にも対応可能。
 節藏氏は「新工場が稼働した事により、手のひらサイズの加工品から大型製缶、20tのプラント組付けができるようになりました。現在30数社のお客様より仕事をいただいており、高品質・納期厳守を徹底しお客様より信頼をいただいています。既存のお客様を大事にしながら、新規獲得にも力を注いでいきたいと
思います」と語られた。
 そして、創業50年を機に『地球環境に優しい』をテーマに、新規事業「GX-PLANT事業」を立ち上げ、取り組みはじめている。GX-PLANTとは、廃プラから油分を回収し、その後、廃プラ回収油や重油と、植物生油をプラズマナノ反応させる事により、カーボンニュートラル燃料化する事業である。この事業は、国が進めるGX(グリーントランスフォーメーション) を通じて脱炭素、エネルギー安定供給、経済成長の3つを同時実現に向けたものである。特に、カーボンニュートラル燃料とは、製造から使用までの全過程で大気中のCO2濃度を増やさない燃料のことである。カーボンニュートラルは排出したCO2と吸収したCO2 の量が同じになるため、カーボンニュートラル燃料は使用した時のCO2排出量と、生産時に大気中から吸収するCO2が差し引きゼロになる燃料、一言でいうと『CO(2 二酸化炭素)から燃料 を作る』こととなる。GXーPLANT事業は、来年には実用プラント1号機が完成し、1日10t処理できる設備導入が予定されている。
 節藏氏は、「現在地に移転して40年、以来毎朝、始業時間である朝8時よりラジオ体操をしています。体をほぐしストレッチをして朝のミーティングをして仕事に取り組む。その始業前のルーティーンは心と体をほぐし、仕事に取り組む士気を高めてくれているように感じています。また、2~3年後には、長男(正和氏)に事業承継を考えています。GX-PLANT事業を重点的にすすめ、より社会に貢献する会社にしていけたらと思っています」と語られた。今後も同社の発展に期待したい。(取材:竹内稔晴)
                 

【住所】半田市乙川末広町16番地  【代表】中墅節藏
【創業】昭和48年  【TEL】23-4377