半田商工会議所 THE HANDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

会員トピックス
全てのトピックス

半田商工会議所 THE HANDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

会員トピックス
全てのトピックス

『社業繁盛!咲き誇れ!~GROW UP HANDA YEG~』

2024年4月1日(月)

令和6年度半田商工会議所 青年部会長 ㈲はなふく 代表取締役 森下 達夫 氏

 令和6年度に発足60周年を迎えた半田商工会議所青年部。周年という節目の年、鈴木靖隆前会長の言葉を借りれば『カリスマ会長』が誕生し、陣頭指揮する1年となる。今までの歩みを家業を通して振り返ると、自分らし
い仕事をすることを目標に、その時々のステージで大きな足跡を残した。強い意志と貪欲な挑戦で四半世紀。カリスマのごとく生花業界を牽引してきた。青年部(以下YEG)活動も然りで、その一生懸命さ、真摯な取り組みで一石を投じてきた。
 「2009年、28歳で懇意にしている取引先のYEGメンバーからの紹介で入会し、積極的に出席してきました。諸先輩方からの学びや遊びの手ほどきを受け(笑)、若いからゆっくり育っていけばいいよと温かい言葉に支えられながら、YEGでの居場所を作っていただきました。経営者としての考え方、異業種の方々との出会いで人脈も広がり、入会は僕の人生にとってプラスになることばかりでした」
 2013年、夢のメンバー!交流・事業委員長時代に、はんだふれあい産業まつりで『キッズチャレンジファクトリー』を企画した(現在も継続事業)。キッザニア(子どもたちが様々な職業にチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる職業・社会体験施設)が流行り始めた頃で、わずか3ヶ月という短い準備期間でカタチにし大成功を収めた。
 「ペースが遅い怠け者の僕ですが、歴代会長や年上の同期メンバーたちの背中を追いかけて必死でした。雨の中、ごん鍋の振る舞い、
ステージイベント、協力して仲間や来場者と一つになったことは貴重な経験でした。そういう流れの中で一緒に汗をかいてきた仲間に僕としてどんな恩返しが出来るか、そんな責任感が芽生えてきました」
 会長の要請を受けた時に、コロナ禍の中で会長を務めた先輩たちの英断に想いを馳せた。社業でさえ不透明な中でYEGの存続、仲
間たちのために立ち上がった姿に心を打たれ、42歳を迎えた今だから会長として仲間と向き合う時と決心した。
 「YEG入会の最終メリットは、社業繁盛を目指せるという点に尽きるのではないでしょうか。そのためには学び合い教え合うことで自己研鑽と経営力の強化、会員150名、OB会や県内外YEGとのネットワークの活用、活動を社業に繋げる方法を追求する等さまざまなことが考えられます。こうして挙げたことは、僕がYEGに入会して学んだこと、気づかせていただいたことです。僕自身仲間との深い付き合いにより経営力が伸びました。失敗、迷い、衝突もある中、仲間の支援で勇気を得て今があります。60年の歴史を積み重ねてきた半田YEGでは、本当の成長が得られます」

 この4月から60周年記念事業がスタートする。だから地域の方々に感謝したい、ありがとうを届けたいと公開事業を企画中。生花販売業という、エンドユーザーに近い距離感だからこその企画という会長色を出しながら、メンバーにも60周年事業を各自の社業繁盛のチャンスにしていただきたいと願う。スローガン『社業繁盛!咲き誇れ!~GROW UP HANDA YEG~』には、そんな想いが溢れるほど込められている。
 「僕は支えてもらうタイプで、歴代会長のようなリーダーシップはありません。ただ、自信を持ってみんなのことを好きと言えます。60周年事業はメンバー全員で作り上げていかないと実施できません。皆さんのご協力をお願いします」
 YEG仲間の支えもあって発展してきた社業だが、同時に、年の離れたお兄さん的な関係性の父君の姿勢から、仕事に対する真摯な態度を学び、自分しかできない仕事をする覚悟をもらった。時代性もあり父君は葬儀花と大型スーパーの置き花を主軸とし、葬儀業界の下請けとして電話を待ち、カラダを酷使する日々だった。その姿を見て父君
のできなかったことを自分が精一杯やろうと誓った。
 「名古屋フラワー学院を出て上京し、最先端の店舗の門を叩きました。店先には芸能人や政治家が行き交うことが当たり前の店舗では、掃除する姿さえ正され、花を売ることは技術・サービスを売ることと教えられ、花をモノとして売っていたに過ぎなかったことを知らされました。業界誌に取り上げられている方々との出会いを通して、個性って何?自分はどうだろうかと考えるようになり、職人ではなくデザイナーを目指そうと考え始めました。地元で自分らしい店を持ちたいと帰郷したのは21歳の時でした」
 葬儀花からの脱却を図り、ブライダル業界にアプローチした。門前払いされたこともあったが、挨拶には自作の花を持参し、ある時はブライダル情報誌の新郎役のモデルを務めた。そのセンスと一生懸命さが実り、大手結婚式場と契約を結んだ。名古屋生花小売商業協同組合の青年部会長職も務め、そのフィールドが広がり人と出会う度
に、商いとの向き合い方を自身に問いかけ、感動を超えていく感動を花に込めて届けたいと思うようになった。
 「最近思うのは、その花が持っている素材の良さを活かし、引き算をしながら花を提供したいと思っています。以前は足し算、掛け算をしてきました(笑)。ビジネスマンよりアーティストの感性で生きる。父の背中が教えてくれました」

●ちょっと一息●


 幸運にも色々な場面に恵まれ、中でも印象に残っているのは『ガーデニングワールドカップフラワショー2013㏌JAPAN、フラワーアレンジ部門」での銀賞(ハウステンボス開催)。2016年のG7伊勢志摩サミットではセントレアに到着した飛行機のタラップを彩る花、オバマ大統領に贈る花束を作らせていただくチャンスをいただき、貴重
な経験をさせていただきました。
 また、YEGメンバーから起業家の発掘・育成並びに新事業創出を目的とし、今後の経済社会に存在意義と可能性の高い企業として勝ち残れるための『第21回ビジネスプランコンテスト』に温めていたプランを仲間と共に応募し、一次選考を通過することができました。

1981年半田市生まれ。2000年名古屋フラワー学院卒業後、上京。02年帰郷し自社入社。21年3代目代表取締役に就任。
09年青年部入会、地域委員会委員長、副会長、専務理事を経て24年会長。半田市在住。



繋いでいこうむすびてとなる女性会

2024年4月1日(月)

令和6年度半田商工会議所 女性会会長 Do LIVING ISSEIDO 杉浦勝代さん

【女性会と私】
 ライオンズクラブメンバーの奥様(女性会メンバー)からのお誘いで女性会に入会したのが2018年4月。今年で6年目に入ります。「みんなで集まるの好きでしょう」とお声がけいただいたのですが、それまでの私は特に女性だけの団体に属するのは少し苦手意識を持っていました。入ったら元気のいい素敵な方ばかりで居心地がよくて、積極的に出席しました。2年目に研修交流委員会の委員長、その後、研修交流委員会担当副会長を務めてきました。
 女性会は本当に楽しく有意義な会と実感しています。友達関係とは違って商売をしている人たちなので、仕事の話もしっかりでき、共通課題を話題にしているだけなのに、自分の中で問題が解決した経験が幾度もありました。令和6年度は図らずも会長という重責をお受けすることになってしまい、自分で良いのかと葛藤の日々を過ごしました。「引き受けたからには全力で」がモットーで、きちんとお役目を果たしていきます。
 私自身「こうしたら面白いかな、楽しいかな、役に立つかな」と思うこともありますが、メンバーにはそれぞれやってみたいことがあるはずです。やりたいと思った方が手を挙げた時に、横でそっと寄り添って、それを繋ぎ合わせて実現化していく努力をするのが私の会長としての仕事と思っています。その方の湧き上がるエネルギーに、とつとつと寄り添う人でありたいと思っています。

【女性会と社業】
 社業あっての女性会メンバーであり、私も『Do LIVING ISSEIDOの杉浦勝代』として入会し、メンバーも常に自分の商いを考えていると思っています。4年前、研修交流委員長になった時に、委員会終了後に自社のPRタイムを設けました。相談に乗っていただける職種のメンバーを知り、私自身も困っているときに助けていただいたことも多々あります。自分の商売だけでなく、地域の情報発信をしてくださる方もいて、今では情報交換の場となっているのではと思っています。一貫して担当してきた研修交流委員会は社業発展のために大切な組織と痛感しています。
 また、これまで他商工会議所女性会との交流の機会を持ってきました。今後の女性会の視野を拡げていくには青年部メンバー、青年部の女性メンバーとの交流が必要ではないかと考えています。例えば女性会の中では当たり前のことでも、青年部では考えられなかったことだったり、その反対も然りですね。刺激をいただいたり、新しい発見が沢山あるのではと考えています。青年部は大勢のメンバーをまとめて活発に活動していらっしゃる。その『技』を見に行きたいと思っています。若さだけでない何かがあるはずです。

【スローガンへの想い】
 令和6年度は39名でスタートします。意見を吸い上げやすく小回りのきく人数です。今年度からは役員も委員会組織も1年任期(今までは2年任期)となります。私自身『1年なら頑張れる』と思ってお引き受けしましたが、一人でできることは限界があります。みんなで頑張って行きましょう。私の守り神は千手観音。千の手と手のひらの千の眼でお役に立てると思っています。転んだらしっかり支えます。安心して自分のやりたいことに挑戦してください。スローガンは『繋いでいこうむすびてとなる女性会』です。ただ社長(ご主人)曰く『石橋を叩くふりをして渡る』らしいので(笑)、几帳面そうで、そうでない私、皆さんのご協力をお願いします。

【(有)一誠堂を通じて】
 一誠堂表具店の次男として生まれた社長がこのお店をオープンしたのが1996年、YESマンだった私は「やろう」と言わ
れたら「はい」と承諾。勢いでスタートし、若さって素晴らしいとつくづく思います。セロトニンを放出し触覚も優しい無垢の一枚板テーブル(常時150枚以上を品揃え)をメインとし、素材とデザインにこだわったインテリア用品と住宅建築で豊かな暮らしのスペース
づくりをお手伝いいたします。時には社長と意見の違いはありますが、一枚板テーブル、インテリアが好き、絵画や陶器の展覧会を一緒に見るという共通の時間を楽しんでいます。そんな積み重ねで、やっと社長と仕事上のパートナーとしての歩調を合わせることができるようになりました。旅行も映画を見るのも一人が好きな30代くらいの私からすると、今の動きは劇的な変化です。
 なぜか人生の節目で大病に見舞われてきた私。病気についての勉強会で参加した東京で素敵な洋服と出会い、そのブランドを販売し始めたら元気になってやる気が出てきました。それから少しずつ変わっていったような気がしています。振り返れば、今まで自分で自分を追い込んで病気になったのでしょう。まだまだその資質が抜けなくて、度々の病でその繰り返し、修行が足りないようです(笑)。でも病気をする度に少しずつ優しくなれたような気がしています。


【丸メガネは私のスイッチ】
 私のトレードマークともなった丸メガネ。自分では話しかけられやすいと思っていたのですが、普通にしていると怒っているように見えるようです。きっかけがないと変わることが出来ない不器用な私は、丸メガネはとっつきやすく見えるんじゃないかなと思い、メガネの力を借りています。以前からの知り合いからは「マンガチックになったね」と言われていますが(笑)、メガネをかけた最強の私で社業、会長職の歩みを進めていきたいです。

Do LIVING ISSEIDO

■住 所:半田市北二ツ坂町1-10-10(図書館北) 
■営業時間:10:00~19:00
■ 定休日:月曜日(祝日の場合は営業) 
■ TEL:22-8828




複合施設「伊東合資」オープン

2024年3月14日(木)

伊東㈱

伊東㈱は、1月20日複合施設「伊東合資」をオープンした。
複合施設「伊東合資」は、2000年まで清酒《敷嶋》を製造、販売していた“伊東合資会社”があった場所を活用した、”古い”と“新しい”が絶妙に入り混じり、地域と食、さらには文化や伝統の技術をつなぐ唯一無二の施設だ。
同施設内には、清酒《敷嶋》の販売直営店「蔵の店かめくち」、知多半島の食材を使った料理と日本酒とのペアリングが楽しめる「Sake Cafe にじみ」「gnaw」がオープンしている。

代表者/伊東 優
所在地/半田市亀崎町9-111
営業時間/
「蔵の店かめくち」10:00〜17:00 (月曜定休日)
「Sake Cafe にじみ」11:00~21:00(月曜定休日)
「gnaw」完全予約制 TEL/29-1126



安心・安全・誠実

2024年2月29日(木)

半田自動車工業(株)

現在国内主要産業の一つである自動車産業だが、乗用車が急速に普及し始めたのは昭和30年代半ばから40年代前半と言われている。そんな時代より前に、半田で自動車整備業を営む企業があった。今回は終戦直後から半田で事業所を構え、80年近くの歴史を積み重ねてきた半田自動車工業株式会社さんのご紹介。

現代表の祖父である鈴木寅松氏が昭和初期に創業した鈴木トラック商會からはじまり、昭和20年10月21日に半田自動車工業株式会社として法人設立。当時は運送用のトラック整備が主であったが、高度経済成長とモータリゼーションの流れの中で、トヨタ自動車のサービス指定工場、各トヨタディーラー協力工場の認定を受け、一般乗用車を中心とした自動車整備・販売会社として事業拡大。平成12年に鈴木裕二氏が若干33歳で代表取締役に就任し、現在に至る。

「右肩上がりの自動車業界でしたが、自動車や部品の性能向上、道路等のインフラ整備が進み、平成7年の車両法改正で、整備業界は大きな転換期を迎えました。「早く、安く」を掲げる業界への新規参入等で、本当に厳しい状況でした。反面、弊社の企業理念である「安心・安全・誠実」をお客様にいかに伝えるか、を再考できる良い機会にもなりました」

そう語るのは現代表の鈴木裕二氏。「私たちの仕事は車を修理する整備業ではなく、安心・安全を提案・販売するサービス業である」という考えのもと、時間管理、数字管理、接客訓練など、社員全員のレベルアップを常に図っている。特に接客訓練には力を入れており、毎日朝礼で接客のロールプレイングを実施し、全社員が誠実な応対、提案が出来る体制を整えている。車が故障してから修理するのではなく、「予防整備」をお客様に提案させていただくスタイルを再度徹底し、信頼を広げてきた。地域に根ざした、お客様の大事なお車の「ホームドクター」としての役割を徹底し、今では当たり前となっている、コンピューターシステム診断もいち早く導入した。

8年前には、一般車両の整備だけではなく、高齢化社会を見据えて、福祉車両用の代車3台を購入し、福祉車両事業部を設立。専門的な整備研修に参加し、昇降機やスロープ、回転スライドシートなどの車両架装整備もすることで、現在では40社を超える福祉施設からの整備依頼をいただいている。また電気自動車の普及に備え、EV車両対応のリフトや可動式急速充電器も今年導入を予定する。

時代の流れと共に多様化するニーズに対し、「安心・安全・誠実」に応える事でお客様の信頼を獲得してきた半田自動車工業。今後の更なる展望として、自動車事業以外の分野にも取り組み始めている。その一つが健康経営の一環としてショールームに導入した高気圧酸素ルームだ。社員の健康管理だけでなく、整備作業中の待ち時間等に、お客様の健康管理の一助になればと無料開放を行い、地元スポーツクラブとも提携し無料で子どもたちの体調管理、怪我のリカバリー等に活用してもらっている。今後の事業として、代理店契約も結んだ。

 「お客様に車の安心・安全を提供するだけでなく、人や社会といったあらゆるニーズに誠実に対応し、顧客満足度を常に高めていく事が重要。そうならなければお客様に生涯に渡って取引していきたい企業と思ってはいただけない」代表取締役鈴木裕二氏の眼には、今後の期待と確かな意気込みを感じることができた。(取材:小林裕也)

【住所】半田市栄町2丁目72  
【代表】鈴木裕二
【営業時間】8:15~17:15   
【TEL】 21-3381
【定休日】日曜日・第2・4土曜日



創立130周年特別委員会 委員長に聞く

2024年2月29日(木)

本美勝久氏(半田信用金庫会長 当所常議員)

当所創立130周年記念事業を終えて

────周年関連事業のメインである昨年11月の記念式典は、盛会のうちに無事終了いたしました。委員長として大役を務められた今の心境はいかがでしょうか。
 大きなトラブルもなく、無事式典を終えることが出来てほっとしています。130周年という節目の重要な式典の委員長としての立場は大きなプレッシャーでしたが、多くの方にご協力いただき、しっかり準備してきましたので、必ず乗り越えられると信じていました。ご協力いただいた皆さんに、心よりお礼を申し上げます。お役を終えた今、解放された安堵感と一抹の寂しさを感じています。

────松石会頭からの指名を受け、委員長職を受諾されたのが、1年ほど前でしたね。
 「なぜ私が(当時69歳)?お若い方に相応しい方がいらっしゃるのでは」と即答できませんでしたが、私どもは地域の金融機関として商工会議所さんにお世話になっています。お声がけをいただけるのはありがたいことと、お引き受けさせていただきました。
 1回目の会議を昨年3月に開催し、委員さん14名と顔合わせをしました。皆さん経験豊富な方ばかりで忌憚のない意見が交わされ、
いつも白熱した会議でした。

────記念プログラムの講師決定までにご苦労があり、委員の皆さんからは「委員長は意見を辛抱強く聴き、よく耐えてまとめてくださった」という声が聞こえています。
 耐えていた訳ではありませんが(笑)、全員式典を成功させようという強い想いだからこそ、色々な意見が出たのでしょうね。言われてみると、講師決定まで数回同じような会議をしていました(笑)。なかなかまとまらず、講師が決まったのは式典の4ヶ月前くらいでした。
「半田商工会議所の記念式典なので、半田市の将来に夢や希望を与えてくれる講師がいいのではないか」と言う意見に沿って検討したところ、半田出身のピアニストであり医師でもある沢田蒼梧さんが候補に挙がり、メンバー全員が了解しました。私はぜひ演奏を聞いてみたかったので大賛成でした。1部は式典、半田市民も対象とした2部の記念プログラムは沢田蒼梧さんのピアノリサイタルと前田正信医師(あいち小児保健医療総合センター名誉センター長、武豊町出身)とのトークセッション、3部は知多半島の食をフルに取り入れた祝賀会で、いずれも地元に関わっている講師・おもてなしで、まさに地元色のオンパレードでした。
 いつまでも出席された方の記憶に残るような記念式典になるよう、結果を出すということを目標にしてきました。ただ、記念式典でピアノ演奏というのはあまり例がなかったので、出席された方がどう感じるかは少し不安でした。結果的には大好評でしたので、委員長をやらせていただいて良かったとつくづく思っています。

────記憶に残るという点では、演出も素晴らしかったですね。
 会頭には、式典内で壇上で原稿を読むスタイルではなく、舞台狭しと歩きながら身振り手振りを交えて『会頭宣言』をしていただきました。委員会メンバーのアイデアですが、会頭も快く応じていただけました。会頭のスマートさも全面に出て『会頭色』も意識した印象深い式典になったと自負しています。記念プログラムには沢田蒼梧さんのファンから「県外ですが、いいですか?」という問い合わせもあり、東京、大阪、京都などの遠方からもお越しいただいています。半田市のPRの一助になったのではないでしょうか。

────委員長は会議後の懇親会も積極的に参加し、式典当日も誰よりも早く集合され、スタッフの腕章を付けて走り回られていました。
 委員長として決起集会や懇親会は参加するのが当然と思い、烏龍茶を飲みながら楽しみました。こういうお付き合いを通して親交が深められたことも、成功への一因だったのではと感じています。当日も気持ちは一スタッフでした。青年部メンバーは約40名、女性会メンバーが約30名と多くの方にご協力をいただきました。両メンバーの協力なしでは記念式典の運営は成り立ちませんでした。心から感謝しています。
 仕事ではできない経験をさせていただき、私自身も貴重な時間を皆さんと一緒に過ごせたことは大変有意義でした。関わった皆さんに、改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

────130周年記念事業に関わられた経験から、新たな歴史を刻み始めた半田商工会議所に向けての期待、アドバイス等をいた
だけますか。
 商工会議所さんは地域にとって重要な役目を果たされていますが、会員さんにとって身近な存在か?敷居が高いような感じを受けています。私ども金融機関は対お客様という明確な関係性がありますので、『ちょっと困った時』にお客様がご相談にみえますが、商工会議所さんはその辺りの関係性が微妙ではないかと感じています。地域金融機関と上手く連携を図り、私どもも何かお手伝い出来たらと思っています。
 榊原前会頭が提唱されていた『会員ファースト』をより実践していくことで、会員さんにとって気軽に訪れていただけるような、身近な半田商工会議所になってくるのではと期待しています。