半田商工会議所 THE HANDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

会員トピックス
全てのトピックス

半田商工会議所 THE HANDA CHAMBER OF COMMERCE & INDUSTRY

会員トピックス
全てのトピックス

年間を通して、神事を務める

2021年1月5日(火)

乙川八幡社

 皆様、明けましておめでとうございます。1年前には誰しも予想だにしなかった、未曾有の災害とも言えるコロナ禍で迎えた令和3年だが、新年の初詣はお済みだろうか。今年は密集や密接を避けて、これから御参りするという方も多くいると思われるので、新年号にあたる本号では、乙川八幡社(入水上神社)をご紹介させていただく。


神社の創建は明らかではないが、「奉再建入水上社一宇」と記された社蔵の棟礼には大永2年(1522年) の文字が読めることから、鎌倉時代より以前の創建が推測されている。また、祀っている御祭神と海辺の立地にあることから、古くは航路安全祈願、現代では交通安全祈願の神社として、また、悪縁切りの神社としても古くから信仰されている。
 神社仏閣が商工会議所の会員となっていることに違和感を覚える方もいるかもしれないが、宗教法人として入会されているケースは乙川八幡社以外にも実は珍しくはない。宮司の榊原好二さんも元々は強い入会動機こそ無かったが、他団体の知人を通じて紹介されたこともあり、「半田市のお宮だから」という何気無い理由で入会されたそうだ。しかし、入会から16年余り経った現在では、「過去には神社の運営に関するアドバイスをしてもらったり、会員同士の交流の中から顔や人脈が広がったと感じる」と話してくれる。
 半田市の中でも昔からの由緒ある社家である榊原家の長男に生まれた好二さん。高校卒業後に大学へ進学し、國學院大學の神職の研修では、基本的な祭式作法の習得をはじめ、数百年続く神社を守り、新しい時代に継承し、発展させるために神職資格を
取得すべく勉学に励んだ。現在では、好二さんは神職の中で神社の長にあたる職階の宮司として、禰宜(ねぎ)と呼ばれる職階で息子の康嗣さん、奥様を含めた他の神職4名とと もに神事に務めている。
 好二さんは乙川地区の他に、成岩地区の氏神様に奉仕したり、阿久比町の一部地区においても宮司として務めている。また、年間を通してみると、新年の初詣に向けた準備や厄年のお祓いの対応にあたる年末年始と、乙川祭を皮切りに各地区の祭が行われる3~5月が最も忙しいそうだ。乙川八幡社ではその他の時期でも、地鎮祭や上棟祭に続く重要な建築儀礼である新宅祭(しんたくさい・にいむろさい)と呼ばれる入居祓や、男女児の七五三詣、赤ちゃんのお宮参り、安産祈願など、様々なご祈祷を受けることが出来る。
 乙川祭と言えば、坂上げと呼ばれる神社への引き込みの勇猛で荒々しい様子から、半田では「けんか祭」として多くの市民に知られる、知多の春祭りの先陣を担う乙川八幡社の例大祭である。昨年は新型コロナウイルスの影響により、乙川祭を含めた半田市内の祭事はことごとく中止に追い込まれてしまった。まだまだ感染拡大の予断を許さない状況が続くが、好二さん自身もエネルギーをもらえると言う乙川祭の、猛々しくも活気溢れる声が戻ることを期待したい。
(取材:齋田哲資)

【住所】半田市乙川殿町97
【代表】宮司・榊原好二 【TEL】23-4321


幸せなご結婚をサポート

2021年1月5日(火)

結婚相談サロン青山ブライダル  東浦 淳子さん (株)ひがしうら

 (株)ひがしうらは60年余前に創業し、レディースブティックさんひがしうら、うなぎ料理専門店(うな東星崎店・うな東青山店)、結婚相談サロン青山ブライダルをグループ店舗としています。私が運営しているこの結婚相談所の立ち上げは2016年です。とは言っても、婦人服販売をしていた義母は、お客さまから「うちの子にいい人いないかしら?」と相談され、色々な方のお世話をしていました。主人や私のお友達を紹介したこともありました(笑)。皆さんが幸せになっていくお手伝いは楽しそうで、私もやってみたいと子どもが巣立った時を目標に準備をし始めました。私自身、人のお世話が大好きなので、一人でこっそり始めようと思ったのですが、色々な書類が必要になり、日本ブライダル連盟への登録も法人の方が信用度が高く、必要に迫られて(笑)主人に相談しました。義母と同じように楽しみとして始めようと思ったのですが、調べていくうちに、そういうお仕事があると
いうことも初めて知ったくらいでした(笑)。
 主人から「よく思いついたね、お世話をしてもいい年齢になったママにぴったりだね」と褒めてもらいました(笑)。平成7年にこちらに(半田市青山)本社を移した時に、店舗の2階(1階はレディースブィックさんひがしうら)をイベントホールにしました。年に数回、カシミア等の受注会やジュエリー展を開催する程度で、通常は空いていることが多く、ここを拠点に青山ブライダルをスタートしました。
 結婚相談所は様々な形があります。当サロンは仲人型結婚相談所として、入会面談から成婚まで私がサポートし、独自のネットワークを持ち、その方の性格やペース、考え方に寄り添った、きめ細やかなアドバイスが可能です。私はお話をするのが好きで、結婚は幸せにつながっていると思っていますから、ついつい積極的にお世話をしちゃうんですね(笑)。「デートはこんな場所はどう?」「こんな誘い方がいいよ」とか熱が入りすぎてしまうことも多く「会員は僕一人ですか?」と言われたこともありました(笑)。会員さまは恋愛に対して不器用で、少し自分に自信を持てない方もいらっしゃいます。でもお話をしていくうちにご自分が欠点と感じていることが、長所や強みだったと自覚されることもあります。そうすると自信が生まれ、内面・外面ともに素敵になっていきますね。100%私に心を開いていただくことが、成婚への近道ではないかしらと感じています。
 私自身振り返ってみますと、結婚直後から主人は団体に所属していて殆ど家にいたこともなく、寂しい思いをしたこともありました。そんな中でいつの間にか精神的に自立し、社会人としての経験値を積み重ね、今の私があります。だから自信を持ってあらゆるポイントを押えた婚活サポートが可能です。私もご縁があってお見合い結婚をしました。結婚当初は、ぼんやりとしていたお見合い結婚の良さも、長年連れ添った今は、はっきりと自身の経験を持ってお伝え出来そうです。成婚に至るには感性、相性等の色々な要素が揃ってのことだと思いますが、出会いの場所として結婚相談所もその一つと感じています。結婚をしたいと思った時が適齢期です。先ずは気軽にご相談くださいね。ただ今、会員さま募集中です。
 今は主人と二人暮らしで、毎夜リビングのあちらとこちらで晩酌をするのを楽しみにしています(笑)。食べること、飲むことが大好きな私たち。この時間のために働いているかもしれませんね(笑)。仕事面でも仲良しで(笑)、主人が運営している『うな東』のメニュー開発のお手伝いをしています。素材の吟味や味付け、パッケージなどを考えていますが、お料理好きの私には楽しい時間です。
 30数年前にお見合い結婚し、互いのペースで二人三脚で歩んできました。色々ありましたが、今幸せを実感しています。


■所在地/半田市青山2-18-15 さんひがしうら2F  
■TEL/21-2907
■営業時間/11:00~19:00 オンライン対応時間/11:00~20:00
■定休日/不定休
■URL:https//aoyama-bridal.co.jp
■ 国内有数・国内屈指の会員数と組織力を持つ『結婚相談事業者(仲人ネットコム)、日本ブライダル連盟(BIU)、日本結婚相談業組合(JMCG)等』に加盟



半田の地に55年。3世代に亘り愛される宝石店

2020年12月11日(金)

(有)宝石のタカヤス

 半田の地に55年構えている歴史がある宝石店。「タカヤス」という店名は、創業者である現代表者・榊原直樹氏の祖母の苗字から名付けられた。創業より55年、半田の地で商いを続け、直樹氏で3代目となった当店には今もなお創業以来のお客様が訪れ、時代を超えて長年愛される宝石店である。
 今でも初代店主時代のお客様のお子様やお孫様まで世代を超えて来店される。結婚や成人のお祝い等、人生の節目をご家族集まって買いに来ていただけるアットホームな雰囲気の店である。「知多半島、半田の地で続けてきた人の縁を、これからも大切につないでいきたい」と直樹氏は優しい笑顔で語る。
 直樹氏は当所青年部としてもご活躍され、活動の中で見聞や人の輪が広がったとおっしゃる。名古屋の宝石店での修業後戻ってこられた際に、父より勧められ青年部へ入会された。最初は右も左も分からなかったが、活動を続けることで、2代目や3代目の経営者という同じ境遇に置かれた人たちとの出会いや、様々な会合に参加され良い成長の機会になったとおっしゃられた。
 最近ではブライダルのお客様も増え、充実した品揃えにより知多半島はもちろん、多方面よりご来店頂いている。指輪選びも時代が移り変わりプロポーズ用の指輪を買いに来られる男性客も多く、それぞれのシチュエーションでロマンチックなサプライズプロポーズを計画されるそうだ。
 おしつけの無い親身な接客で、全力でサポートしてもらえるのも心強い。

  (取材:梶川徳宏)

【住所】半田市山代町1-102-10
【代表】榊原直樹  【創業】1965年    
【営業時間】10:00~19:00    
【定休日】木曜日(祝日の場合は営業)
【TEL】21-4503
【URL】http://www.j-takayasu.com/



目標に向かい挑戦  No Rain No Rainbow

2020年12月11日(金)

アクサ生命保険株式会社 名古屋支社 支社長 齊藤 俊英氏

 目前の目標に向かって挑戦し続けた。そのルーツは小学4年生から始まった。勉学で2人の親友の中で一番を目指し、病に苦しむ人を救いたいと医師を志し、中学受験のために進学塾に通った。
 「成績優秀者に贈られる優秀賞を獲ることを目標にしていました。生まれ育った江東区深川は庶民の町、山の手から通う塾生が多く、深川より少しイメージの良い隣町、両国から来ているとちょっと
見栄を張っていました(笑)。結局、第一志望の試験日にマイコプラズマに罹ってしまい、想いは届きませんでした。以来、本番に弱い男になりました(笑)」
 大学で学んだ経済学の延長で金融関係を志望し、日本団体生命(現アクサ生命保険)に入社した。保険会社に付き物の転勤という2文字は全く頭になく、両親にその事を問われて長男であるがために思案した。当時、同社は野球が強く、『野球部で活躍すれば東京勤務になるらしい』という噂話があったため、中学時代に経験した野球部に入部した。
 「東京に残りたい一心で体を張ってダイビングキャッチまでしていましたが(笑)、選に漏れ三重県の桑名営業所に赴任し、4年後の岐阜営業所から所長として勤務しました。父母のような年代の方の
中で全く自信が持てず、人見知りな私はおっかなびっくり仕事をし、飲みニュケーションにも励み(笑)、可愛がっていただきました。転勤先をゴルフのコースに例えていうなら、以後、ショートホールの旅に出ました」
 後年サーフィンを再開し夫人とも出会い、より豊かな人生を送るようになるが、まるで波を追い求めるように、蒲郡、神奈川、東京、埼玉、茨城と太平洋沿岸地に勤務した。ロングホールの旅に出た旭川支社からは、支社長として統括する立場に就いた。
 「所長時代は推進員と一緒に営業に行くことも多くありました。ゴールキーパーですが、いつでもフォワードになる存在ですね(笑)。苦労もしましたが、経営者から地場産業の話なども伺い、楽しくやりがいもあり貴重な経験をさせていただきました。全200余営業所中で、1番を獲りにいくつもりで30番以内の営業成績を収めることを目標にしていました。推進員の努力もあり、トップ10に何度か入れたのは幸運だったと感謝しています」
 新潟、福井支社を経て、現職に就いたのは2019年1月。支社長として、営業所長の個性が発揮できるよう、伸び伸びした職場環境作りに努め、共済推進員には社会科と算数に強くなって欲しいと願う。同社は昭和42年から商工会議所共済制度の全国展開をし、商工会議所と関わりが深い。現在は来月1月1日からの当所共済制度『あおぞら共済』リニューアル*に向けて多忙な日々を過ごす。
 「時代の変遷により、生存保障が求められています。実際に死亡給付金よりも入院給付金支払いが多くなってきていますので、より加入者さまのお役に立てると思っています。また、これからは働く人の減少、高齢者雇用の時代になり、従業員の健康増進にも気遣うことが求められます。従業員の健康は企業の繁栄につながります。
会議所さんと足並みを揃えて、企業の皆さまの『健康経営』のお手伝いをしたいと思っています」
 昨年、法人保険税制の大幅な変更があり、時代は急速な変化を遂げている。それに対応していくために絶えず、学ぶ姿勢を持つべきと自戒する。
 目前の目標に向かって挑戦し続ける人の実体は、努力を忘れず、自分に厳しい人のようだ。
 
●ちょっと一息●
 転勤は日本全国を旅させてもらっているようなものです。転勤族であるがために色々な人、その土地ならではの楽しみにも出会えました。
 今はサーフィンのために旅行をするサーフトリップを楽しんでいます。大学でサーフィン部に入ったのがサーフィンとの出会いで(全日本学生サーフィン選手権フレッシュマン5位入賞)、神奈川勤務から大学卒業以来15年ぶりに再開しました。茨城営業所では共済の担当部長から「歴代の所長はフルマラソンの霞ヶ浦マラソンに出場することになっている」という厳命で、4時間を切ることを目標に練習に励み完走しました。余談ですが、ボデイボードを趣味とする妻と出会ったのもこの時代です。北海道ではスノーボードと、山野などの舗装されていない道を走るトレイルランニングを
楽しんでいました。
 今はサーフィンと近郊の山に登り、温泉に浸かるという幸せな時間を過ごしています。体力維持にもつながるこの楽しみ、いつまでも続けていきたいと思っています。また、寺社仏閣古拙巡りが好きで、
暇が出来ると奈良や京都にふらっと出かけたりもしています。仏像を見ると心が落ち着きます。

齊藤 俊英氏
1964年東京都江東区生まれ。
87年明治大学政経学部経済学科卒業。
同年日本団体生命(現アクサ生命保険)に入社。桑名、岐阜、蒲郡、神奈川、東京、埼玉営業所等を経て、2019年現職。AFP(日本FP協会認定) 当所議員。
名古屋市在住。



食酒屋・お弁当宅配で満足を提供

2020年12月11日(金)

ばんがい地 北河 知子さん

24年前に市内瑞穂町でスタートし、現在は社長と縁故者の店長(主人)が夜の居酒屋、私がお昼のお弁当というスタイルで営業しています。10年ほど前、子どもが保育園に行き余裕の生まれた頃に「人手が足らないからお弁当部門を手伝って」と誘われて、お手伝いをすることにしました。当店は「誰が作っても同じ味」を大切にし、完璧なレシピを作成しています。そのお陰で先輩に教えていただきながら、何とかやってきています。食べることが好きな私は、子どもの頃から母にお料理のノウハウは教えてもらっていましたが、プロとしてお料理を提供することに最初はドキドキしていました。
 その後、現在地に店舗が移転し、頼れるスタッフに助けられながらお弁当作りと配達を行っています。お弁当作り、配達は全員がどの仕事もできるように手分けしてやっています。もちろん私も配達に出かけます。私は人と接することが好きなので、ついつい配達先で長居をして話が盛り上がり楽しく仕事をしています。
 そんなお客様との会話の中から「魚料理はないの?」「鶏肉は苦手なんだよね」というお声やご要望からメニューを考え、今では35種類ほどになってしまいました(笑)。当店名物の新鮮な鶏もも肉の天ぷらを秘伝のタレに絡めた『鶏二郎』のお弁当を始め、和、洋、中の豊富なメニューとご飯の美味しさは当店の自慢です。私の実家が米穀店でしたので、色々な
種類のお米を食べて育ってきました。だからお米の味にはちょっとうるさいです(笑)。メニューが増えれば在庫の管理や仕入れなど苦労もありますが、お客様が食べたいものを注文し、美味しく笑顔で食べていただければ私たちも嬉しいです。
 最近では野菜不足に悩んでいらっしゃる方も多いようです。そのことも考慮しなお弁当がら、これからもメニューをドンドン増やしていきます。日々のお弁当や予算に応じた特別弁当やオードブルはオフィスでの会議や、ホームパーティ、お祝い行事、イベントなど、色々な場所へお届けしています。満足していただきたいという社長の方針により、味とボリュームに自信を持っています。また、居酒屋メニューのテイクアウトも80種類ほどあります。店頭でお客様からの要望をお聞きしているうちに、いつの間にか種類も増えてしまいました(笑)。
 居酒屋では鶏料理をメインに自慢の焼き鳥などの串物、揚物、定食、ラーメンなどを提供し、一番人気の名物『鶏二郎』はやみつき間違いなしです。また、鶏二郎の他にも当店オリジナルメニューの鶏花子から鶏八郎までユニークな名前のメニューが多数あります。最近は鶏太郎も登場しました(笑)。いずれもお客さまとの会話から生まれたネーミングのようです。ご近所ミツカンさんとのコラボ『ポン酢サワー』や、西尾の抹茶屋さんの抹茶を使用した『抹茶ハイ』や『ほうじ茶ハイ』は爽やかな味で好評です。9月から土・日・祝日に限り、11時半から24時までノンストップ営業始めました。お昼から『飲み放題プラン』をご利用できます。【1時間1,500円、2時間2,200円(税別)】明るい内から仲間と飲むって気持ちいいでしょう(笑)。Go To Eat&トラベルの地域共通クーポンの登録店です。お気軽にお越しください。また、フランチャイズ店を募集中です。最近、安城にお弁当屋さんとして『ばんがい地安城店』が開店しました。独立開業に興味のある方、チャレンジしてみたい方はお尋ねくださいね。
 以前、主人はサラリーマン、私は看護師として働いていました。いつかは二人でお店を始められたら良いねと話していたのですが、予定より早くお店で働くことが実現しました。お料理を作ることが大好きな主人と、人と接することが大好きな私、いいコンビネーションだと思っています。同じ店の中でそれぞれが違う分野で働き、程よい距離感を保っている。それが夫婦円満の秘訣かもしれませんね(笑)。これからも力を合わせて頑張って、お店を盛り上げていこうと思っています。


■ 所在地/半田市銀座本町4-15  ■ TEL/21-3425 
■ 営業時間/昼11:30~13:30 夜(月~金)17:00~24:00 (土・日・祝)11:30~24:00
  弁当配達/昼 8:30~12:00  夕15:00~17:00頃
 テイクアウト/8:30~22:00
■ 定休日/不定日
■ URL:http//r.gnavi.co.jp/nanw900(ぐるなびページ)
■ 宴会最大40名様まで対応